南夢の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天頂-TEPPEN-で感想みたいなもの

どうも近頃は滅法冷たい風が吹いております。
暖かくしてお風邪など召されぬようご自愛ください。

さて今回はDMMさんのブラウザゲーム天頂で
「黒龍、動物園へ行く」の感想みたいなものを参ります。

極道の御話ですが
この極道という単語の意味をご存知でしょうか
仏教用語で仏法の道を極めた者という意味だそうです。

ヤクザ(何の役にも立たないという意味)と
江戸時代から混同されてしまい今日に至るそうです。
調べてみてよかったです

ゲームの主人公は極道の者ですが
弱きを助け強きを挫く正義の味方として描かれています。
まさに今の時代では珍しい任侠の徒です。

あの司馬遷が言葉を残して下さっています。

「『仁俠』の志を知らずに
彼らをヤクザやチンピラなどと勘違いして馬鹿にするが、
それは悲しいことだ」と。

任侠のwikiから有難く引用しました。
こうしてみると確かに宗教の信徒ですね
先入観というものは眼を暗ますようです。

それと御話の中でこうありました。
「あんた(主人公)のいうものなんて古臭いのだ」と。

要するに他人に迷惑をかけない、
困っている人を見たら手助けをする
何かされたら礼を尽くすことなどは古臭いのだと言う。

確かに古臭いというのでしょう。
しかし今世にはファシストやナチスなるものが跋扈しています。
こういう70年前の亡霊は一体何なのでしょうか

ゲームの主人公は立ち位置が利他であるのに対して
現実に存在する人の中には利己心を持つものが多い。

長くなりましたが
一見すると悪い奴が正義の味方で
いい人が実は悪人だということがこの面白さでもあります

では御話のキャプチャなど参ります。
kokuryu001.jpg
主人公は知り合いのペットが盗まれて捜査していました。
この事件には悪徳ブリーダーとチンピラが関わっているよう。
少々刺激の強い御話ですのでご注意。

kokuryu002.jpg
この二人組は金儲けのために動物園に盗みに入るそうです。
レッサーパンダなど動物たちは可愛いですが
大金を積んででも欲しがる心のない者がいるのもまた事実

kokuryu004.jpg
動物園は経営が厳しい所があるのもまた事実です。
あながちないとは言い切れませんね

kokuryu005.jpg
至極真っ当な動物園ですが
津島というブリーダーは園の中を熟知しています。
ちょっと考えれば誰が怪しいのか分かることです。

kokuryu007.jpg
この卑劣漢は他にもあくどいことを考えているようで
「小人閑居して不善をなす」とはよく言ったものです。

kokuryu008.jpg
最初に相手の信頼を得て情報を聞き出す。
そして相手に気付かれないように

kokuryu009.jpg
相手の弱みを握り優位に立つ。
そうすればその者は支配されてしまうでしょう。

kokuryu010.jpg
津島という卑劣漢は次に自己弁護をしていきます。
心に罪悪感を持っているからこうして口が立つのです。
全て自分勝手なちっぽけな妄想でしかありません

kokuryu011.jpg
確かに卑劣漢の言う通りかもしれないね。
自然を放っておいたら動物である人もまた滅びますから。
こんな卑劣漢が社会を崩壊へと導くのでしょう。

kokuryu012.jpg
そして何よりも恐ろしいのはこんな繁華街で
こんな会話を堂々としていることでしょうよ。
物語の場面を想像してみるときっと分かると思います

kokuryu013.jpg
この卑劣漢は自分では正義をやっているつもりなのでしょう。
それを認めたら動物を利用したあくどい金儲けが
この世に横行してしまうことでしょうね。

正義と言えば悪いことでもやってしまう。
感覚が麻痺してしまっているのが恐ろしい。
そうそう卑劣漢は麻薬をやっているという設定でした

話はそれます。
動物愛護団体がおっしゃることも分かりますが
動物に触ることは自然の大切さを知る機会でもあるということ。

環境保護のことを知ってもらうためには
この星に生きる動物たちのことも知ってもらわないと。
各々が自分の問題と気付かなければ解決はしないでしょう。

それであのような悪徳業者は国や社会、愛護団体など
皆で摘発して取り締まっていけば良いのです。

その上でもう一度皆で話し合って
次このような者を出さないために
どうしたらいいのかを考えるべきだと思います。

様々な方法が考えられますがここで明確に言えることがあります。

それは壁を造ったり暴力で打ち勝つことではありません。
なぜ人が犯罪に手を染めてしまう実態を考えて
より良い社会を皆で考えて歩むことではないでしょうか。

熱が籠ってしまいましたが最後に
kokuryu014.jpg
真面目に毎日お仕事をなさる方に感謝申し上げます
こういう人が社会を支えているのだと思います。

これくらいで終わります。
ここまで読んで下さりありがとうございます
皆さんお身体はお大事にね。

そうそうアイギスというSLGのメモと動画のようなものを置きます。
参考になったらいいのですけれど
アイギスのメモ
なむさんのプロフィール

追記です。

日本は以前に比べて女性が働くようになりました。
外国のこととかではなく自分の考えとしては
家庭で働く男性がいたとしても不思議ではないと思います。

適材適所ではないけれど家事が好きというか
家庭での仕事が得意な人がいてもいいのではないかと

そりゃ1億人もいれば色々な人がいるでしょうから。
千差万別とも言うかもね

外で働きたい人はそうすればいいのではないでしょうか。
ぼくとしては家庭での仕事の方が好きというか

それと半分女と言うのは冗談ではないですよ。
卵巣があるのかもしれない。

さておき寒くなってきておりますので
暖かくしてお風邪など召されぬようご自愛ください

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0xd76h.blog.fc2.com/tb.php/286-719b362a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
△トップへ戻る

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。