南夢の日記

スクールオブファンタジアのSSG

どうも、月が変わるのと同時に
暖かさも一気にやってきて少々困惑しています。
4月1日から20度を超えるってどういうことなのでしょうか。

そういえば近畿地方で地震があったそうですが、
大きな地震でなかったようでよかったです。

宣伝になっているかどうかは分かりませんが
博麗神社例大祭やプレイ同人、鈴奈庵などが
今月末から続々と発売されます

勝手にリンクバナーを色々と置いていますが
何らかの助けになれば本当に言うことはありません。

さて今回の記事は注文していたものが届きましたので
玉藻ソフトさんのスクールオブファンタジアで
感想みたいなものを書いて参ります。

スクールオブファンタジア姫乃応援バナー
ゲームありがとうございます
リンク先は成人向けですのでご注意下さい。


SF012.jpg
私の写真は下手なものですが、
玉藻ソフトの作品は手が込んだ作品になっています

この作品は優しくて人のことを放っておけない主人公が
政府により隠蔽された離島で女性たちと仲良くなる物語です。
理想の男性像を描く話が多くなってきたような気がします。

SF001.jpg
自分の父親に世界の冒険旅行に無理やり連れ出されて
挙句の果てには船が難破してしまう不幸な主人公。
辿り着いた島で彼は人生でまたとない幸運に出会います

SF003.jpg
20年前にこの島に隕石が突如として落ちてきたときから
超能力を持った子供が生まれるようになったのだとか
宇宙にはまだまだ知らない謎がきっとあるのでしょう。

SF004.jpg
隕石の落下後に政府が隠蔽したこの島は
超能力と魔術とか言う電撃文庫のラノベに出てくる
学園都市みたいなものに似ているようなそうでないような

これは私の勝手な感想だけれどね、
冷たい鉄の街より何もないこの島の方がいいです

SF005.jpg
安全上の制約は当然ありますが温暖なリゾート地のようです。
今の世情というか人はいつでもオアシスを求めているのかも。
殺伐とした世界で優しさと言われても無理なことでしょう。

誰しもが大変なのだと思うから自分のできることをします
そうは言っても私には大したことはできなくてね。
ご先祖様と色々な人に助けられて今の私があります

SF006.jpg
脱線していましたが学園長に助けられたので
主人公の頼人は隕石の落ちた洞窟調査を請け負います。
最近アニメにもなったラノベの主人公も同じことしてたような

SF008.jpg
この島には部外者を入れることは禁じられているため
学園長の采配で能力者の転校生ということに。
秘密保持は社会のために仕方がない

SF007.jpg
洞窟調査を引き受けたはいいものの一人では
なので主人公を助けてくれた女性に支援を求めます。
他人に対して偏見を持たない主人公はかっこいい

SF009.jpg
隕石からは化け物がたくさん出てきてしまい
島を隔離せざるをえなかったということ。
能力者もこの島に集めてしまえば都合がいいのでしょうか

SF010.jpg
学校は社会の縮図で抑圧された感情が
誰かにむかってしまうのはよくあることなのでしょう。
この主人公にはそういうものは通用しないようです

SF011.jpg
ときとしてそれが返って人を苦しめる結果になってしまうことも。
何事も一筋縄ではいかないようです。

そういえばランスアンドマスクスというアニメでも
主人公がごく自然に人を助けていました。

ノルンノネットというアニメに共に生きようとあったように
優しくて力がある人を求めているのではと思います。
心のどこかに不安を抱えているのかもしれません

人間は考える生き物だから何かを補うために
創作物という物語を昔から続けてきたのだと思います。

人はどうかは知りませんが
私の場合は順位より好きで作品を選んでしまうようです。
それと主題歌と音楽、イラストももちろん

これぐらいで終わる前にSSGをおいておきます。
SSGを更新しておきました。
スクールオブファンタジアのSSG

ここまで読んで頂きありがとうございます

追記です。
紹介みたいなのと関係ないかもしれないのでここに。
読まない方があなたのためです。

前に女神さまには特定の女性が~だなんて言いましたが
関係を持った全ての星の数ほどの女性と本気なのです。
同じ女性で子供を産んで育てる大変さも分かっているから。

万能なのだから遊びなどで女性を弄ぶことはなさいません。
来る者は拒まず、去る者は追わず
完璧に出来る御方なのでしょう。

ゲームに出てくる理想の男性像も女神様が化けたのかも
竜神様はやっぱり素晴らしい女神様です
鈴奈庵とpsの舞華蒼魔鏡は買わねば。

寝ぼけと疲れのせいなので気にしないでください。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0xd76h.blog.fc2.com/tb.php/276-777cb7eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
△トップへ戻る

FC2Ad