南夢の日記

東方魔宝城のSSGとか

どうも、最近は寒暖の差が激しい日が続いています。
気候のせいなのか風邪が流行っているらしいですが、
引いている方やそうでない方もお大事になさってください。

季節外れと聞いてもあまり驚きもしなくなってしまいました。
これからは豪雨などの異常気象が異常でなくなって
普通のことになってしまうのでしょうか。

そういえば今年は暖冬かもと言われていますが
欧州やアメリカの方でも暖冬らしいです。

もしかしたら地球の意志なのかもしれませんね。
最近のニュースは暗いというか冷たいものが
多くなってきていますから。

あとお節介ですけれど人気のない暗い夜道よりは
明るくて混雑している道の方が安全ですから
深夜の帰宅や外出の際はくれぐれもお気を付けて

冬が暖かくてもクリスマスやお正月はやってくるのです。
この休みの期間中にお仕事の方は大変ご苦労様です。
大事なお仕事をなさる方は休めないでしょうから。

いろいろありますが気分転換はちゃんとしないとね
それで今回は東方魔宝城 ~Book of Star Mythologyという
東方同人弾幕ゲームの紹介みたいなものを書いて参ります。

418c5d_dfc4811c0a3743889db644a779502c14.png東方魔宝城の公式サイト
弾幕風のゲームありがとうございます。完成が楽しみです

banner.jpg
スクリプトの公開、ありがとうございます


公式サイトから体験版をダウンロードできます。
スクリプト公開サイトのヘルプにあるように
無償でサークルさん方は作られています

及ばずながら応援させていただきます

あらすじ的なものはここで書くより
プレイしてもらった方が余程分かりやすいので。
あとイラストや音楽がよかったです

thmahou001.jpg
幻想郷で起きた異変を解決するため
博麗霊夢が昼寝を我慢してまで調査に乗り出します。
暑い最中で動きたくない気持ちは分からなくもないです

thmahou002.jpg
霊夢はあまり自分から動くというか活発な方ではないようです。
ただひとたび彼女が動けばあっという間に
異変や事件が解決されてしまうのです

thmahou003.jpg
妖精同士みんな仲がいいのでしょう。
原作漫画でもあった通り
妖精たちが神社を遊び場にしていますから

thmahou004.jpg
霊夢とこの妖精たちでは力の差があるので
ハンデとして2対1の弾幕バトルになります。
ハンデがあったとしても軽くあしらってしまいます

thmahou005.jpg
今回の異変は朝顔が活気づくというものらしく
朝顔の妖精たちもパワーをもらっています。
というわけで霊夢に勝負を挑むようです

thmahou009.jpg
異変でちょっと強くなったぐらいでは
幻想郷の巫女博麗霊夢には勝てません。
案の定霊夢に退治されてこの有様です

thmahou010.jpg
妖精たちは悔しいのでリベンジ宣言するようです。
勝つまで挑戦する心は大切だと思います。

そういえば花には雄蕊と雌蕊がありますが
朝顔の妖精たちも花と同じ生態をしているのでしょうか

朝顔の生態がなぜああなのかは分かりませんが
自然はわからないことで満ち溢れていることは
確かなことだと言えます

thmahou011.jpg
話が脱線していましたが
博麗霊夢はいつでも再挑戦を受けるとのこと
さすが幻想郷を守る巫女だけあって貫禄が違います

これぐらいで終わります。
あとSSGをおいておきます。
東方魔宝城のSSG

メルセンヌ・ツイスタやPH3スクリプトもそうですが
開発や発明は多大な時間と労力、資金などがかかります。
感謝の言葉しかないです。

ゲームの開発、大変でしょうが頑張ってください
完成したらまた楽しませてもらいます。
ありがとうございました

ここまで読んで頂いた方にも


追記です。

大晦日お正月がもうすぐなので一言。

巫女というものは生涯結婚をしないもので男性とも交わりません。
身体が穢れてしまうと神様からの神託を得られないというそうです。

現に卑弥呼という日本の歴史上最古の巫女はそうでした。

性質が変わってしまうこともあるのかもしれません。

排他的論理和(女性0男性1)で言うと…。
れいまりやアリマリなどのファンブックは合理的というか

サークルさん、マジで、そしてです。

関連記事

コメント

SSGの更新

体験版ver0.02に対応したので欲しい方はどうぞ。

日曜日が終わるまでには紹介みたいなもの書きたいです。

  • 2016/05/15(日) 06:45:56 |
  • URL |
  • なむ #IZSfeW3c
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0xd76h.blog.fc2.com/tb.php/264-207436ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
△トップへ戻る

FC2Ad