南夢の日記

「くらくなるまで待って」という漫画の感想

どうも、天気が安定しない日頃が続いています。
降るものは降るということでお天気は仕方ないですね。
読者のみなさん、お気を付けてください。

それから最近神社仏閣で場をわきまえない方たちが
いらっしゃるそうで嘆かわしい限りです。
神様の家でやりたい放題する無頼漢が多い世で怖いですね。

さて今回は東方同人サークルべにしゃけさんの漫画
「くらくなるまで待って」を紹介できたらいいなと
思っていますがね、どうだかな

banner.jpg
公式サイトへはこちらから。漫画ありがとうございます

そういえばアメリカ合衆国で同性婚が認められるようですね
実現に向けて努力された多くの人たちのおかげでしょう。
さすがはアメリカ合衆国です。

色々な考えがあっていいということなのでしょう。
だから私はこのファンブックのことを漫画だと思います。
すごく好きな作家さん漫画家さんだから買ったのです

やはり今日も女神様に感謝です
八百万の神様は凄いと思う。

あと感想みたいなものは追記覧に書きますので
見たい方は下からどうぞ。

フェイスブックでのシェア
どなたか存じませんがありがとうございます。


トップページ以外から来られた方は注意してください。
御自分と考えが違うからといって
他者を攻撃する理由にはならないと思います。

考え方の形って色々あったっていいじゃないですかと思ってます



最初に言っておきますが画質はよろしくないです。
下手ですみません

さて、では感想みたいなもの参ります。
漫画読んですごくドキドキしました
好きな人と添い遂げられるっていいな、素敵です。

だいたいのあらすじは
霊夢と魔理沙が夫婦になるっていうことです。
同人ということを十分に分かっていますが、嬉しいのです

reimari001.jpg
表紙のモノクロ版イラストです。
表紙はカラーでして、色遣いがとても綺麗でした
それから髪の毛一本から服までイラストよかったです。

reimari003.jpg
本を開いてすぐにこれでしたから心臓がちょっとヤバくなって。
好きな人に身を預けられるっていいことだね
一応言っておきますが一般向けで販売しています。

どうしてああなったのかと言うと
鈴奈庵で出現した妖怪を退治しようした所
魔理沙が妖怪の攻撃を受けてしまいます。

reimari005.jpg
魔理沙は何かをされてしまったようですが、
妖怪退治には危険が付き物なのですね。
この鋭い霊夢の表情が物語っています。

あと霊夢の顔にすごく見惚れてしまいました。

reimari006.jpg
魔理沙のことを気遣って霊夢は駆け寄ってみます。
が、なんだか少々おかしなことになっているようで
霊夢のこの表情からすると事態を察したようです。

reimari017.jpg
鈴奈庵には色々な妖魔本が置かれているようで
霊夢が退治してくれて本当によかったです。
その時の顔が怖かったけれど、逆に惹かれました

reimari015.jpg
魔理沙にかかった毒は抜けていないので
早くどうにかしないといけません。
ライバルで親友の魔理沙を霊夢は放っておけないようです。

というわけでとりあえず魔理沙を神社まで連れていき、
reimari009.jpg
どうにかして彼女を霊夢は治すようです。
そういえば愛の力でヒロインの呪いや毒を解く
っていう作品がありましたね

reimari008.jpg
魔理沙は一回は拒みます。
でも霊夢に押し切られてしまい覚悟を決めます。
霊夢の魔理沙を大事にする気持ちがよく伝わってきました

reimari016.jpg
で覚悟したはいいものの肝心の霊夢に知識がなかったので
そっとやさしく魔理沙は霊夢に教えてあげます。

reimari019.jpg
あの妖怪がいなかったら
二人は一緒になる機会がなかったかもしれません。
そういう意味で妖怪さんはふたりの橋渡しをしたのでしょう

reimari011.jpg
ふたりは暗くて眩しい星空のもとで愛を深めます。
衣装や髪の毛、人物などすごくよくて
漫画家さんが丹精こめて作ってくれているのだと思います。

reimari012.jpg
霊夢と魔理沙はいつもの朝を迎えます。
ただ違うのは一人で迎える朝ではなく
二人で迎えたいつもの朝だったということです

reimari013.jpg
毒のせいで一晩の夢を見ていたのかもと
変わらない日常にそう魔理沙は思います。
愛は儚いものですが、しっかりとした形にはなります。

reimari020.jpg
キスマークを記者の文に激写させて
幻想郷中に巫女に愛しい人ありと知らしめさせる
魔理沙ってけっこう独占欲が強いかも。

毎日ではないけれど通い婚をして神社に泊まっていくなんて。
もしも霊夢が魔理沙の居ない夜を過ごすとしたら
どういう気持ちなのでしょうか

一緒にいることだけが二人の時間ではないのです。
離れているときも二人の時間は流れていて
互いに想えば想うほど愛は深まるものではないかと思います。

昔は遠くに住んでいて会うことが難しいこともあったので
和歌にして気持ちを書き留めて見たりして
相手のことを想い続けたなんてこともあったりしてね

ここまで読んで下さった方と
素晴らしい漫画を描いて下さったべにしゃけさんに感謝します
サークルさんと霊夢魔理沙を応援していきます。

夏コミもだけど、頑張ってください!!!
読者の方もいつもありがとうございます。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

△トップへ戻る

FC2Ad