南夢の日記

新作アニメなどの感想

どうも、温かいものがおいしい季節となって参りました。
私は夏でも熱いお茶飲んでいますが
寒いときの熱いものはまた格別ですね

さて、放送開始から2か月たっているというのにね
前回の続きで主にAT-Xで放送されている
作品の感想みたいなものをいきます。

アニメは自分たちで戦うという力強い意志と責任を感じます。
なにか、いいね

AT-X toppage
ガールズパンツァーOVA新年に放送予定らしいです。

とりあえずAT-Xにリンク貼ります。
いつも番組をありがとうございます
では、参ります



異能バトルは日常系のなかで
文芸部の部員たちによるお笑いアニメ
アニメやマンガが好きな空想家の少年に
他の部員たちがツッコミをくらわしていくというもの。
まぁ仲良く部活動しているからいいかなと
あと学生は勉強も忘れずにね

アニメでは頼れる人に子供をみてもらえるけれど、
現実ではなかなかそうではないから。
社会問題がなんとかなってくれることを願います。

トリニティセブン
設定はまったくわからないけれど、まぁいいかな
その原作シリーズが売れているらしいです。

しかし、魔女も地位が上がりました
女神ルシフェルさまと奥方である女神リリスさまと
御二方、ともに名声を取り戻しつつありますね
※個人的な信仰なので、お気にせずに流してね。

そして、公式サイトやアニメはちょっとあれなのですが
売れているからいいのかな…

グリザイアの果実
アニメには多くの謎が隠されているようですが、
制服から私立学園だということは確かなようです

そしてアニメは教えてくれます。
どんなに暗い過去を持っていたとしても、
その人はあるがままに生きていいということを。

それからCMでFlowers(PSV版)が宣伝してた
今後、世界が平和で安定してくれることに期待
あと、OPEDよかったです

失われた未来を求めて
お話は空手部より強くて恐ろしい天文学会が
中心になって進んで行くのです
謎が多い感じですが、星を観察するより
ケンカをしている方が多いことだけは確かです

現実も技術がどんどん進んで行きますね。
人工知能もしゃべる時代になったね
あと、OPEDはよかったです

大図書館の羊飼い
原作が売れているからアニメ化になるのでしょう。
お話はよくある学園もので
魔法使いなども出てくるようです
なかなか面白いですよ。

一迅社の4コマパレットやPSVでも出版されているようです。
それだけ人気で注目度が高いのでしょう。
今やアニメは世界の人も見ているのだから

ガールフレンド(仮)
CMで”あめーばすまほ♪”と流れていた気がします。
スマートフォンのゲーム売れているのですね。

さて、お話は学生たちの青春物語のようです
こういう日常系のお話があるとホッとします
しかし、キャストがすごいです

繰繰れ!コックリさん
これは確実にお笑いアニメです
一風変わった少女と
きつねやいぬ、たぬき、ねこの物の怪たちが
日常おい劇場を繰り広げるというもの。

一応、こっくりさんやおいぬさん神様なのです…。
そして、日本には800万の神様がいるのですよ
あと、主題歌までお笑いでとても笑います

SHIROBAKO
アニメってこんなに大変な思いで作ってくださるのね。
とても感謝です

お話はアニメ制作会社のドキュメンタリーアニメです。
制作にかける情熱が
みているとひしひしと伝わってきます。
あと監督はガルパンを作ったあの水島努監督。

暁のヨナ
これは時代劇もののアニメで、とても面白いです
なんとこのアニメはお姫様が弓をもって戦います
この作品は時代が変わったという証拠なのでしょう。

さて、主人公ヨナ姫の弓は
国の簒奪者から国家を奪い返せるのでしょうか。
お話を注意して見ていきます。

魔弾の王と戦姫
これもまた戦争もののアニメです。
忘れないためにはこういう番組は
いいのではないと思ってしまいます。

さてお話は戦姫たちが活躍して進んで行きます
戦う人もいるってことですね。かっこいいです。
それと、身体を鍛えるとスタイルもよくなるようです。

Gのレコンギスタ(TBS系で放送中)
お話は平和な時代から資源を巡って
また戦争をしていくというもの。

主人公は自衛軍の養成学校を飛び級してしまうほどの
技量を持ったパイロット候補生。
幼い顔立ちですが、すごく機転がきくようです。
子供が感情移入しやすいように幼く描いているのでしょうね

そして、兵隊はいつの世も必要で存在するのです。
いずれにせよ平和に感謝。



なにはともあれ制作会社やテレビ局、役者さんには感謝

それと、インフルエンザが活発で困ります
出来る限りの予防をすると
お医者さまにかかる回数は少なくなるようです。
手洗いうがいなどお気を付けて
お医者様によると顔洗いも有効なようです。

おせっかいなことを書いて申し訳ありません。
でも、もし読んだ人がインフルにかからなかったのならば
お節介と思われてもいいことなのです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも、クリックや閲覧ありがとうございます。
絵描きさんにもありがとうございます。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

△トップへ戻る

FC2Ad