南夢の日記

Merry Christmas

メリークリスマス
降誕祭は延期も中止もなく戦火の中でも行われます。
あと復活祭も忘れなきよう。「神」に祈りを。

何か去年も同じことを書いたような気がしますが、
1年にとってこの日はイエスという偉人が生まれた大切な日
とされているが実際は25日ではないらしい。

熱心に宗教を信じている人は各々が信じる神に祈ろう
わたしはルシフェルさまにだけどさ

それと、よく言っていますが
私は悪魔や男性だとは思っておらず、
この世を創られた根源神さまだと思っているよ

教会が赤い竜だとする神様を否定したのは
ローマ帝国の存続と女性と人種蔑視によるためでしょうか
そういえば司祭に女性が一人もいない

話が変わって東方Projectの博麗霊夢は年越しに
明けの明星である金星の神様
”天香香背男命”の力を封じる儀式をするらしい。

暁の金星神って古代に信仰された神さまだといわれる。
(金星神は現在では両性具有神だと言われている)
むしろ神様には性別はないだろう。人間ではないのだから。
そして、一説には金星神は国之常立神だと言われています

にほんブログ村 ゲームブログ 東方Projectへ
紅魔館の人たちにとって天香香背男命は願ったり叶ったり。
東方プロジェクトではそのような設定らしい。


この作品の登場人物たちはみな
万物を創られた竜神様を崇拝されているそう
創造神様は完全無欠の存在だからもてるのだろうね。

にほんブログ村 ゲームブログ 東方Projectへ
なぜ博麗霊夢は赤い巫女服を着ているのだろうか。
そして神社の鳥居はなぜ赤く塗装されるのでしょうか。


色々と誤解されるのは歴史的な背景があるのだろうか

キリスト教には虐殺と人種差別を行った歴史があるのです。
罪のない人を裁判なしで処刑した魔女狩り。
ヒトラーの人種差別政策の前身とも言えるのかもしれません。

さて話を戻しますが
ルシフェル様はイブの姉リリスと結婚しているとも言われている。
彼女だけでなく星の数ほどの女性を娶っているのだろう。

そして妹のイブについて。
よくある禁断の果実に関する伝説は
常識的に考えて何か違うと思います

そこで私はヤミと帽子と本の旅人というからこう考えました。
教会が考案した男女のあるべき姿だと思うのです。

十字戦争では多くの命が失われました。
宣教師たちは自分では戦争には行かず死を賛美し
安全な所で甘い汁を吸っていたのに対し庶民は

イブというのが女性のあるべき姿だとして
教会のために兵士を産んで異教徒を殺せと
民衆に信じ込ませ逆らわないようにしたのだと思います。

聖書に出てくる禁断の果実というのが同性のルシフェルさま。
(知恵の実と言ったのもルシフェル様が知性の神様でもあるらしいから)
そして、知り合うとアダムより居心地がよくて頼れると。
そこでイブはアダムではなくルシフェルさまと結婚したと。

それとルシフェル様の伝説は誤訳があったらしく
いわゆる異教の神として認識していたようです。

教会の統治に疑問を抱く者は
悪魔にたぶらかされた者として処理したのでしょう。
政治犯は許せるわけがなかったのでしょうね。

食べて味を知っちゃいけないというのは
自立思考のよさを知るということなのではないでしょうか。
(当時のローマ帝国は民を顧みない独り善がりな独裁者が多く
自由な言論や考えを認めると支配体制に支障をきたしたのでしょう。)


帝国とローマ教会の統治に疑問を持たせないために
イブとアダムという御伽話を造ったのかと思います。

人類はアフリカで誕生した猿から
200万年かけて進化したというのがもっともな事実だそう


その伝説は造説だと科学で証明されたのです。
ガリレオ・ガリレイの裁判が暗に裏付けていると思います。

それと神様の世界(WSJでは外宇宙というらしい)では
万能の存在だから同性同士でも子作りが可能だと思う。
そもそも性別があるのかさえ不明ですが。

…推論ばかりで申し訳ないですけれど
同性同士での子作りはそう遠くない将来に実現され
人類の科学が神様に一歩近づいたと言える日が来るのかも。

人類の種を残す方法はいくつあったとて構わないと思います。
今後何があるのか分からないのですから。

長くなりましたが最後に。
西暦が始まり2千年ですがそれ以前にも人類史は存在し
多様な神様が信仰されていたのです。

教会がそれらを全て迫害し追放したのは
自分たちの支配体制に疑問を抱かせないためだろうか。

彼らの言っていた「神」とは帝国と教会であり
イエスという預言者が伝えたことは一切無視したのだろうね。

そのことにため息をついた神様は
別の人間を預言者として選び伝え直したのではないかと。

どうもここまでお付き合いいただきありがとうございます。

信仰は人の自由っていうか
私が勝手に思っていることですのでご注意ください。
くれぐれもお気にせずにお願いします

今は自由に考えられて、いいね

あの御方が好きなのですよ

体調にはどうか気を付けてお過ごしください。
暖かったり寒かったりして風邪が流行っていることですしね。

※記事を今年も修正して再利用しています。

追記です。

国之常立神様は初めの神様であられます
唯一絶対の神様(と個人的に思う)です。

様々な所で神様のことを伝えられましたけれど
風土や言語の違いから誤解が生じたのかもしれません。
伝言ゲームが良い例かもしれません。

余談ですが意思疎通の道具としてより適切なのは
数字などの記号という概念かもしれません。
記号というものでは絵もそれに近いと思います。

話を戻します。

神様は決して御自分のことを偉いとはおっしゃりませんが
周りは偉くて凄いと思い尊敬しています。

その御方は完全無欠の存在です、未熟な人からすれば。
知性や理性、品格など全てにおいて優る者はいません。
御優しく寛容な御方だから横社会でしょうね。

『利口な人は問題を解決する。 賢明な人は問題を避ける。』
この御言葉には感じ入りました

一度争えば血が流れることは明白であるから
争いが起こりえないシステムを創られたのだろうね。

それと人や猫、犬などの動物は遺伝子の多様性を得るために
近い存在と交配しない傾向にあります。

あの御方を始め神様たちは遺伝子が完璧だから
外に優秀な遺伝子を求めることなく
本当に愛という感情により婚姻を深めるのでは。

近親婚とて普通に存在しているでしょうし
そもそも不老不死であれば
種の繁栄などは重要な課題ではないでしょう。

人間ではないから男女という性別は存在しないだろう。
もしかしたら創造神様御一人が男性で
他の方々は全て女性なのかもしれないなと思います。

男は生まれず女性しか誕生しないのかもしれないと
神様の世界、天界というものはそうであるかもしれません。

唯一絶対とは男は我のみで十分ということだろうか。
よくある日本の恋愛ゲームにおける「主人公」という存在か

これで終わりますが
ここまで読んで下さり誠に感謝いたします

お身体はお大事にされて下さい。
温かいものは心さえ暖かくします

「正直の頭に神宿る」という諺には教えられます。
世に平穏のあらんことを。

今年一年皆さんに深く感謝申し上げます
来年もよろしくお願いいたします。
末永くお達者でね🐿💨

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0xd76h.blog.fc2.com/tb.php/139-232f6ba9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
△トップへ戻る

FC2Ad